なかいこども園 園長あいさつ

 令和という新しい時代が幕を開け、自然豊かな「里都まち なかい」の地に2014年4月1日に開園した本園も、お陰様で7年目を迎え、今年度は0歳~就学前までの116名(2020.4.20現在)の子ども達とスタートしました。

 本園では、「幼保連携型認定こども園 教育・保育要領」が示す、子どもたちの主体的な遊びや生活の中で色々なことに興味をもち様々な体験をとおして「よく遊び、自分で考える力をもち、心も体も元気でたくましい子を育てる」ことを教育・保育方針とし、今年度は特に「健康な心と体」「考える力・工夫する力・表現する力」「自立心・諦めない心」の育成に努めていきたいと考えております。

 本園では子どもたちが新しい時代を自ら拓き、生き抜くための人間形成に必要な知識や技能の基礎を身に付けていくために年齢や成長、子ども達の興味関心等に合わせて、日々必要に応じた遊びや生活の環境(人的・物的)を用意し、その環境を通して子どもたちの生活や遊びが豊かで深い学びへとつながるよう、支援していきます。

 また、本園の特徴として、中井町園・小・中連携教育の「なかい授業づくりスタンダード」に基づき「学びの連続性プログラム」を作成し、園生活で培われた学びが一続きとなるようカリキュラムを構成しています。そして、その学びがさらに小学校へ滑らかに接続していくことを考え、町内の小学校と年間を通じて様々な関わりをもち連携を深めています。

 職員体制は保育教諭・給食調理員など、総勢35名です。常に子どものことを最優先に考え一丸となり、それぞれの専門性や得意分野を活かしながら、保護者や地域の皆さまと共にお子様の成長をサポートさせていただきます。そして、私たち職員も子ども達と共に成長していかれるよう、努力していきたいと考えています。
 今年度も、子どもたちの園生活が楽しく実り多い日々となるよう、一人一人を大切に思い丁寧に教育・保育をしていきます。

園長 鳥海啓子

更新日:2020年05月12日 17:01:41